名古屋城の見どころ・アクセス・料金は?【名古屋観光の定番!】

名古屋城の外観と桜 観光・おでかけ

見どころたくさんの名古屋でも定番の観光スポット、名古屋城。大天守閣にそびえる金のシャチホコでも有名ですよね。

名古屋城は1612年(慶長17年)、徳川家康によって築城。戦災で焼失しましたが、1959年(昭和34年)に大天守閣と小天守閣が再建されました。

現在も着々と復元工事が進められています。

スポンサーリンク

名古屋城の見どころは「天守閣」&「本丸御殿」

見どころは「天守閣」!観覧するなら今のうち

2018年5月7日から入場禁止に

2017年12月、名古屋城の天守閣2018年5月7日から入場禁止にすると名古屋市が正式に発表しました。

木造復元の工事前に天守台の石垣を調査するためで、期間は2022年12月までの見込みです。

天守閣を観覧するなら今のうちですね!

2018年5月追記:もう入場禁止にされてしまいました…泣

参考 名古屋城天守閣の入場禁止(閉館)について

シャチホコの実物大模型も!

名古屋城 名古屋市 【愛知探検街歩き】

現在、大天守閣には重要文化財の障壁画や歴史資料が展示されています。

5階にはシャチホコの実物大模型もあり、上に乗って記念撮影することもできますよ。

「本丸御殿」も一部公開

名古屋城の本丸御殿

本丸御殿は、歴代の殿が住んでいた場所。写真奥にある松が描かれた部屋は、「上段之間」という殿の部屋です。

空襲によって焼失したのですが、総工費150億円をかけて復元中。

2013年に本丸御殿の一部(玄関・表書院など)工事が完了し、一般公開されました。

2016年には対面所・下御膳所などが公開され、2018年には全面公開予定です。

名古屋城のアクセス・開園時間・入場料は?

名古屋城の場所は、地図だとこちらです。名古屋テレビ塔まで約1.7kmなので、一緒に観光するのもおすすめですよ。

地下鉄名城線「市役所駅」の7番出口から徒歩5分。名古屋観光ルートバス「メ―グル」を利用の場合は、名古屋駅から23分(「名古屋城」下車)です。

入場料も大人500円、中学生以下無料と良心的なので、お子さんを連れて行ってあげたら喜ばれそうですね。

ちなみに入場料は、天守閣入場禁止の間も変更されない予定です。

名古屋城では、土日祝日にはイケメン集団「名古屋おもてなし武将隊」の演武も行われていますよ。

名古屋城

住所: 名古屋市中区本丸1-1
開園時間: 午前9時~午後4時30分(天守閣・本丸御殿への入場は午後4時まで)
観覧料: 大人500円、中学生以下無料
公式サイト: 名古屋城